三省堂書店池袋本店特設サイト > インフォメーション > イベント > 池袋本店, Books > 鎌田東二先生×堀本裕樹先生 トーク&サイン会

『常世の時軸』刊行記念トーク&サイン会 常世と熊野~詩の宇宙と俳句の海をめぐる旅~

開催日:2018年10月05日

掲載日:2018年7月10日

[, ]

森羅万象に向きあったときに、詩のことばが共鳴し、17音のしらべが溢れだします。

宗教学者として幅広く活躍する鎌田東二さんの原点には、つねに詩がありました。

そのことばの宇宙に、鎌田さんの教え子でもあり、今秋新たに俳誌「蒼海」を創刊する俳人の堀本裕樹さんが迫ります。

無限の詩歌の海へと漕ぎ出す、スリリングなトーク&リーディングをお楽しみください。

 

 

鎌田 東二先生

【プロフィール】

1951年徳島県生まれ。哲学者、宗教学者。

上智大学グリーフケア研究所特任教授。放送大学客員教授。京都大学名誉教授。

宗教哲学、比較文明学、民俗学、日本思想史、人体科学など、幅広い領域で研究を行う。

近著に『世阿弥』、『日本人は死んだらどこへ行くのか』、『言霊の思想』、

柿坂神酒之祐との共著『天河大辨財天社の宇宙 神道の未来へ』など。

 

【書籍紹介】

『常世の時軸』(思潮社) 本体価格2,000円+税 発売中

星空を孤独に光りながら渡る常世舟。

宇宙に切り立つ岬から永遠へと堕ちていく時の欠片。還る場所はあるのか――。

神話や伝承を下敷きに現代の死生観を織りなした、極北の第1詩集。

 

 

堀本 裕樹先生

【プロフィール】

1974年和歌山県生まれ。俳人。俳句結社「蒼海」主宰。

第2回北斗賞、第36回俳人協会新人賞、第11回日本詩歌句随筆評論大賞、

平成27年度和歌山県文化奨励賞受賞。

著作に、句集『熊野曼陀羅』、又吉直樹との共著『芸人と俳人』、

穂村弘との共著『短歌と俳句の五十番勝負』など。

 

【書籍紹介】

『蒼海』創刊号

「無辺なる宇宙にある小さな存在として、私たちは森羅万象に向き合い、時には無心に溶け込んで、

己の身内から溢れ出る十七音を大事にしようではないか」(創刊の辞より)。

石田千、中上紀、長嶋有、穂村弘、町田康などの随筆ほか、

宇多喜代子、高橋睦郎、池田澄子などの特別寄稿が花を添える。

18年9月刊行予定。

 

 

 

 

【日時】

2018年10月5日(金)
19:00~(18:45開場)

【会場】

三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース

【出演】

鎌田東二先生
堀本裕樹先生

【参加費】

税込1,000円

【参加方法】

三省堂書店池袋本店Aゾーンレジ(西武池袋本店 別館B1F)にて
参加券をご購入ください。

参加券のご予約は、お電話でも承ります。
三省堂書店池袋本店
tel. 03-6864-8900(電話受付時間 10:00 - 22:00)

・参加券をお電話にてご予約いただいたお客様は、イベント開始までに
三省堂書店池袋本店別館地下1階Aゾーンレジにて参加券のご購入をお済ませください。

・イベント当日のご入場は参加券番号順となります(参加券番号はお会計順に付されます)。

・定員になり次第、受付を終了させて頂きますのであらかじめご了承ください。

【サイン会について】

トーク終了後に鎌田先生と堀本先生のサイン会を開催いたします。
対象書籍は『常世の時軸』および会場で販売する書籍とさせていただきます。

今日・明日のイベント